■ せっかく行ったのに残念ながら入れなかったお風呂レポート ■

入ることも出来ず涙に咽ぶ銭湯前・・・休業中や廃業された銭湯

ほんとに間が悪いと言うしかないお休みの日に伺ったり、
せっかく行ったのに営業時間のハードルに阻まれたり。

最も悲しいのは「廃業」されてしまっていて、
もう永遠に入ることの叶わぬ銭湯の数々・・・。

人々に愛され続けながらも惜しまれつつ別れを告げた、
そんな今は無き宝物を記憶のあるうちにご紹介します。

4、 野町湯 金沢



夕暮れ時がさらに物悲しさを・・・

渋銭ファンには「金沢に野町湯あり」と知られた銭湯野町湯。

廃業から地域の方々の熱きアンコールの末復活されたと聞き伺ったが、
誠に残念ながらお休みでした・・・遥々金沢まで行って。


なんかやってる雰囲気が無いので恐る々・・・故障なら仕方ございません



3、畝傍湯  奈良大和高田 (営業時間前に訪問)



鬼瓦は鯛を抱えたえべっさん


周囲は完全に住宅地で・・・いきなり現れるタイムポケット

明日香にいちご狩りへ行った時、帰り道に寄ったが残念ながら
開店時間2時間前で入れずに退散。

でも このえべっさんの瓦を見れただけでも良しとしよう!


2、白瀧温泉 池田市



迫力ある書体もモザイクで描かれる


子供たちもプーちゃんも・・・あぁ、悲しいや白瀧温泉

このお風呂にはきっと木のロッカーが有るはず!
・・・と勇み意気込み訪問したが時既に遅し・・・

廃業の張り紙はないので近所の方にお尋ねしたら、
「もう営業されてないですよ」・・・と。

典型的大阪レトロの美しき外観はそのままなだけに悲しい・・・2007年の秋であった。


1、 双葉湯  阪急三国 (2006年廃業)



名横綱・双葉山の化粧瓦

銭湯Hopper さんの‘貴方の街の、Onley one な銭湯’の
コーナーに紹介されている、阪急三国の双葉湯に訪れたのは、06年8月。

私の地元といっても良いエリアにあり、
以前から知っていたし、いつでも行けると思っていたので、
ついつい後回しにしてしまったのが悔やまれてならない。


なんと!廃業されてしまっているではないか。

私的に日本一の立ち食いそば屋だと思っている‘三国そば’から、
神崎川を渡ってすぐにあり、
いつか行こう・・・、思えばすぐに行かなければ
こんなお宝銭湯を経験することが、年々難しくなって来ている。

こちらのご主人(最終的には3代目さんらしい)も、リタイヤされ
後継者も居ないので廃業となったようだ。
私達が訪れた半年前に閉められたとか・・・。

半月ほど前には、この湯を愛する方々が集い、
イベントを催された様だが、そんな事もいつまでも続くまい。

せめて、このコーナーで外観だけでもご紹介しておこう!


がっくし・・・の子供達の後ろには
今も堂々たる名横綱が輝いていたが・・・。

私の誕生日と同じ数字の番地札が、なお更郷愁を誘う。

もし 取り壊されるような事になれば、
この素敵な瓦だけは、何とか保存したいと・・・心から想う。

「いつまでも 在ると思うな 名銭湯・・・」


放っておくと・・・こんな無残な結果に・・・

大阪市淀川区西三国4−11−5


 



写真をクリックして番台へどうぞ!

Amore 八木 の島根温泉一人旅・温泉篇へは

Amore 八木の九州一人旅2003・温泉篇へは

Amore 八木の群馬一人旅2007・温泉篇へは

アモーレ・モルト・エイト 冥府魔道の九州ふやけ旅 温泉篇へは

参考サイト(我々が銭湯探しに利用するサイト)

Michiken Land(本当に凄い・大阪周辺完全網羅) http://michikene.ld.infoseek.co.jp/sentou.htm


激シブ専門!関西の名銭湯 http://www.sairosha.com/meisento/sento.htm