Amore 八木の洒落徒然

2003年8月の日記

■2003年09月21日(土曜日)

 

自分たちで作るピザの味は格別

今日はおうち(呑酒庵)で、子供たちとピザパーティー!

狂ったように食べまくる子供たちの姿を見ると嬉しい様ななさけないような・・・
でも、生地を造るところから見せていると子供たちの興味の持ち方も違い
一口食べるまでの眼の輝きといえば、
もう・・キラキラとして何物にも替えがたい宝石です。
もちろん 造りたての生地、
そして本物の素材をちりばめたピッツアが旨くないわけ無いよね。

そうそう 今日面白かった一番は、杜人がピッツアにサラミを入れてくれと言うので
「これが、ほんまもんの イタリアのサラミで、カチャトーレッテ云うんやで!」
と言って一口食べさせると・・・なんて言うたか!?

「うん なかなかジンジャエールとよく合うわ、
いっぺんに食べてしまったらもったいないからほっぺたの横に隠しといて
少しずつ食べていったらお肉の味と一緒にひろがるわ」・・・やって!

クソ生意気やけどメッチャうれしかったりして・・・。

そういえば 今日は昼からビール&中華して、
子供と3人で手をつないで天神橋筋商店街を歩いてたら,MBSテレビの取材を受けて

「たった今 小泉首相の再選がきまりましたが、いかがでしょう・・・?」

って取材を受けました。後で身内からTELがあり TVに出ていたらしいです。一般ピープル的に出演?したのは これで3回目(仕事以外)・・・ナンカ不思議。

実は今夜は九州旅行の予行演習として
部屋にコーナンで買ってきたドームテントを張っております。
子供達はすごく喜んで今日はおうちでキャンプと張切ってたのですが、
杜人は中で、詠人は待ちくたびれて
(PC の打ち込みが遅いから)フローリングの上で寝てしまいました。
私は、歯磨きしてから久しぶりにモルトウイスキーなど飲みながら
レコード(今日はギターかな)聞こっと

・・・そやそや  詠人をテントに寝かしたんのん忘れてた。

では、スキャパ 25年(カスク)呑んでから淀川前10Fのキャンプ地で  おやすみ。

 

 

 


■2003年09月08日(月曜日)

 

レストランの仕事は、大変や〜!

昨日までの、8日間 豊中のイタリアンのお店 ラ ミア クッチーナ 笠井
のオープニングをサポートしてきました。

レストランのお仕事は、愛のバーテンダーAmore 八木にはベリーハードで御座いました。
朝一番に仕入れに行って、お店に着いたらランチの準備、もちろんお料理だけではなく、
コーヒー、紅茶(アイス、ホット)にエスプレッソなど食後のお飲み物からデザートの仕込み。

ピッツア、生パスタの生地や、パン生地の仕上げと焼き上げ。
もちろん、その間表(ホール)は、掃除と テーブルのセッティング
(ゴブレット、ナイフ、フォーク、ランチョンマット、etc,,)もう、
これを書き込んで行ってる間に疲れて着たわ。

とにかく朝から晩までやることだらけ、 コックコートの中は汗ぐっしょり。
汗をたっぷりかくのは体には好い事なれど、のどが渇いて冷たい水など(時々ビール)
飲みすぎてしまうので胃腸の弱い私にはとってもデンジャラス!
結局勤め上げたその晩はトイレで約30分うめき苦しむはめに・・・

でも最後の日お疲れさんで呑んだ 
キュヴェ ドンペリニヨン エノテーク’85は素晴しく美味しかった。

キメ細かくちりばめられた白い花、黄プラム、
かすかな柚子そして古酒ならでわの蜜のあまやかな香。
舌に絡みつく緻密な旨味と上品な酸。黒豚リブロースのローストに、
パッシヨンフルーツのシロップ(モナン)を少しだけ垂らしたのんと一緒につまめば至福のひと時!

いったい何の話がメインなんかわからんようになってしまったけど
新しく生まれ変わった笠井シェフのお店は、とっても素敵なお店になりました。

前のリストランテ笠井 と比べると予算は、半分以下になりましたが、
本人の経験とプライドもあるので提供される料理やサービスは、リストランテ。
お値段だけ超お手軽トラットリア。
オープン記念サービスでワイン(安いワインと高級ワインが特にお薦め)もめっちゃ安いので

是非予約の上、いらっしゃってみてください